僕の経験したキュンときたメール



思わぬ不意打ちメールでキュンとさせる

僕の前に付き合ってた
彼女はメール大好きな子だった。

連絡は9割がメール。

ほぼ毎日何往復も
メール交換をしていた。

ある日
いつもどおり昼休みに
メール交換していて
僕は調子に乗って
シモネタに走ったら
それっきり返信はなく
昼休みが終わった。

「うわ、怒らせちゃったな」

と、思いつつ
昼一の仕事に戻った。

仕事が終わって
携帯を見ると彼女から
メールが来てたんだ。

件名は無題

携帯のプレビュー画面には

「バカ」

と、一言。

「あーやっぱり怒ってるな」

と、
恐る恐るメールを開くと

——————–
バカ

というのはウソだよ(笑)
大好きだよ!

   -END-

——————–

という本文だった。

時間差とこのメールの本文は
不覚にも萌えてしまったよ。

多用すると

「あーまたか」

と思われるので
忘れた頃にやってみよう。

あわせて読みたい関連記事

参考になったらクリックお願いします
↓↓↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村







あわせて読みたい関連記事


// 次の記事のリンク
// 前の記事のリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ